admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術史は気が滅入りました。
芸術は生易しいもんじゃないことはかなり身に染みましたけど、楽しくないですね。楽しいとかそういう問題じゃないんでしょうが。シュールレアリズムだ印象主義だ素晴らしいかもしれないですが。他人に認めて貰うっていうのは確かに大変ですけどね。一瞬のために生きるなんて芥川さんみたいな人生論、私には病めるか病めないか次第です。そもそも時代が時代ですし。同性愛事件とか自殺とか。パリは鬱病の薬の消費量世界一とはこのことです。
時代背景も精神論もいらないんじゃないでしょうかね。普通に格好いい使いやすい綺麗だ、感覚的なもののほうが楽しいし。本当。前者も美術の上で欠かせない基盤みたいなものだってことは確かに思えますけど、私は勘弁してほしいです。昔も現代もある意味似たようなもんですが、自分が考えを大切にするのを望んでいたら明治大正ぐらいに生まれたかった。そしたらきっと順応性が持ててたはず。間違った中の正義はとても格好いいし楽。その分現代は世界中が色々学んだから余計苦労度が増すというえば増すし減ったと言えば減ってます。
ぶち切れます。
やっぱりコミュニケーションコースにしよう。
師匠に従事しよいしょすることで頭を撫でられたらすごい嬉しいし。私は抱えきれない。




そんなことより私立が近いわ。
キャラメルの美味しいこと!そして後味の悪いこと。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 酸化物, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。